季論21 第42号 2018年秋号

季論21 第42号 2018年秋号
【特集】スポーツって何だ
廣畑成志/望月浩一郎/石坂友司
広津和郎没後50年
【座談会】
東大闘争50年
「確認書」の意義と今日の大学

巻頭言・フォトレポート

沖縄は叫ぶ・辺野古はつづく
…森住 卓(フォトジャーナリスト)


座談会

東大闘争50年
「確認書」の意義と今日の大学

伊藤谷生(65年理Ⅰ入学)
大野 博(65年文Ⅰ入学)
大窪一志(66年文Ⅲ入学)
柴田 章(67年理Ⅱ入学)
光本 滋(問題提起、教育学)


【特集】スポーツって何だ

スポーツと文化――波立つスポーツ界を糺す
…廣畑成志(スポーツ政策)

《インタビュー》スポーツインテグリティをどう高めるか
…望月浩一郎(弁護士、スポーツ法学)

今一度考える東京オリンピックの意味
…石坂友司(スポーツ社会学)


広津和郎没後50年

松川事件と広津和郎
…伊部正之(福島大学松川資料室)

いまよみがえる広津和郎 散文精神について
…伊豆利彦(故人、日本近代文学)


性差別と闘うメディアの女性たち
―セクハラの何が問題かを明らかにする

…林 美子(ジャーナリスト、「メディアで働く女性ネットワーク」代表世話人)

【フォトレポート】

北海道胆振東部地震を行く
…藤田観龍(写真家)

辺野古新基地の活断層と地盤
…加藤祐三(岩石学)

東日本大震災の教訓を踏まえた津波防災を全国に
…岩渕 孝(地理学)

アジア平和共同体の構築と霊性の働き
―映画『鬼郷(Spirit's Homecoming)』とアフリカの土着思想を中心に
…北島義信(宗教社会論)

佐伯啓思「保守」の思考回路
…長澤高明(政治学)

軍国少年からの転生――安保法制違憲訴訟における陳述書
…堀尾輝久(教育思想)

武力で平和はつくれない――9条地球憲章の会の活動報告に代えて
…川村 肇(9条地球憲章の会世話人)


《研究ノート》

「20世紀マルクス主義の挫折」問題と社会主義思想の再生可能性
…清 眞人

世界でくり広げられているマルクス生誕200周年事業
…大西 広(経済学)

詩人尹東柱と現代日本の教育現場
…沈 元燮(韓国現代文学)

火野葦平『青春と泥濘』論――人間の眞実を希求する物語
…増田周子(日本近現代文学)

「小さな都市」が発する挑戦・平和の希求と覚悟
…増田幸男(非核の政府を求める京都の会代表)


【書評】

荒木武司著『マルクス社会主義論の批判的研究』
(田中 宏・経済学)

原 健一著『草の根の通信使』上・下
(李修京・歴史社会学)


【観測点】

安室奈美恵、沖縄で最後のライブ
…宮城義弘(ジャーナリスト)

広がる米国の教員組合スト
…岡田則男(ジャーナリスト)


グラビア 朝鮮通信使祭り――釜山・川越
…藤田観龍(写真家)

編集後記



季論21バックナンバーに戻る