季論21 第47号 2020年冬号

季論21 第47号 2020年冬号
【特集1】この国の司法はおかしくないか
瀬木比呂志、笹倉香奈、
角田由紀子、鴨志田祐美、
紙野健二

「平成」の天皇とは何であったのか(1)
渡辺 治

【巻頭言】

残された時間はそれほど多くない
―COP25から見えてきたこと

…岩佐 茂(社会哲学)

平成の天皇とは何であったのか(1)
―冷戦後30年の日本政治と天皇

…渡辺 治(政治学)

【特集1】この国の司法はおかしくないか

司法が変われば日本が変わる
…瀬木比呂志(民事訴訟法)

冤罪を生まない司法へ
…笹倉香奈(刑事訴訟法)

性暴力事件無罪判決から考えたこと
…角田由紀子(弁護士)

大崎事件最高裁決定の存在意義
…鴨志田祐美(弁護士)

辺野古新基地建設問題と司法
…紙野健二(行政法)

【特集2】〝圧搾空気にあらがう 2〟

「表現の不自由展・その後」のその後
…永田浩三(同展実行委員)

慶賀の空気を煽ったNHKの天皇即位報道
…醍醐 聰(「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」共同代表)

京都アニメーション事件とGSOMIAをめぐって
…田島泰彦(憲法・メディア法)


「伝える」ことを「伝わる」かたちに

―永六輔さんの語りをめぐって
…井上一夫(編集者)

2019年10月台風19号水害に学ぶ
…大熊 孝(河川工学)

マルクスとソーシャルワーク
―「資本主義リアリズム」を乗り越え、未来社会を創造するソーシャルワークのために
…藤田孝典(社会福祉学)

21世紀資本主義の研究のために
―科学的社会主義の理論的課題
…友寄英隆(経済学)

堀尾輝久著『人権としての教育』に寄せて
…川村 肇(教育学)

エッセイ

「忘れてはいけませんよ」
―ティーオドーア・ホイスの警告
…秋間 実(哲学)

【書評】

鶴岡征雄著『単線駅舎のある町で』
…ドリアン・助川(作家)

本田浩邦著
『長期停滞の資本主義
―新しい福祉社会とベーシックインカム』
…山下裕歩(マクロ経済)

《私の読んだ本》

知本康悟著
『村に立つ教育
―佐渡の僻村が挑んだ「村を育てる学びの共同体」の創造』
…富山仁貴(大学院生)

【観測点】

ボリビアの政変
…岡田則男(ジャーナリスト)

沖縄の二つの宝
…宮城義弘(ジャーナリスト)

57%が「民主派」に投票した香港区議選
…大西 広(慶應義塾大学教授)

【グラビア】

雨にも負けず!第3回辺野古障害者のつどい
…森住 卓(フォトジャーナリスト)


本誌停刊にあたって

読者の広場

編集後記



季論21バックナンバーに戻る