季論21 第31号 2016年冬号

季論21 第31号 2016年冬号
【特集1】暴走・安倍政権を包囲する希望
広渡清吾(インタビュー)
内田樹・石川康宏(対談)
仲宗根勇、山下芳生
【特集2】貧困大国・ニッポン《上》

戦争体験は語れないが 新船海三郎(文芸評論家)


【特集1】暴走・安倍政権を包囲する希望

【インタビュー】広渡清吾さん(前日本学術会議会長)に聞く
安保法国会から「約束と希望の9条」へ

【対談】
自立する市民、溌剌たる学生、輝く知性――安保法国会から見えてきたもの
内田樹(思想家)・石川康宏(経済理論・神戸女学院大学教授)

沖縄は日本ではないのか――これ以上許せない〝憲法クーデター〟、沖縄差別
仲宗根 勇(元裁判官)

【日本共産党との対話集会】
「戦争法廃止の国民連合政府」実現へ
山下芳生(日本共産党書記局長)


●巻頭言
やりがいのある新年を迎えて  鰺坂 真


「賞味期限」を過ぎた日本資本主義
小西一雄(経済理論)

核兵器廃絶の展望と課題――2015年NPT再検討会議を踏まえて
黒澤 満(国際安全保障)


【特集2】貧困大国・ニッポン《上》

広がり続ける貧困 ── その現状・背景・歴史的位置 
後藤道夫(社会哲学)

枚挙にいとまない受診控えの手遅れ死亡  山本淑子(民医連事務局次長)

子どもの貧困をめぐる状況と新福祉国家構想  小澤浩明(教育社会学)

システム化する女性の貧困  杉山 春(ルポライター)


日露戦争と明治一知識人の歴史認識
佐生共一(近代史研究)

大阪W選挙(大阪府知事・市長選挙)を振り返って
前田博史(「明るい民主大阪府政をつくる会」事務局長)

西田幾多郎『日本文化の問題』の錯誤と作為(上)
福田静夫(哲学)

「市民社会」とは何か――ブラヴォイ論文の紹介を兼ねて
小原耕一(グラムシ研究)


【書評】

岩崎信彦著『21世紀の「資本論」 マルクスは甦る』
…浅野慎一(社会学)

ケヴィン・B・アンダーソン著/平子友長監訳/明石英人・佐々木隆治・斎藤幸平・隅田聡一郎訳
『周縁のマルクス』
…岩佐 茂(社会哲学)

原田敬一著『「戦争」の終わらせ方』
…佐々木隆爾(日本近現代史)

《読書ノート》
岡田 進著『ロシアでの討論 ソ連論と未来社会論をめぐって』、
石堂清倫インタビュー「社会主義の七〇年 民主主義との結合をもとめて」
…木村英亮(ソ連史)


【観測点】

民衆主義への一歩を踏み出すか――ミャンマー総選挙(岡田則男・ジャーナリスト)

命どぅ宝!!すべては命あってこそ!!
(城間真弓・ママの会@沖縄)


グラビア 戦火に追われて――シリア・イラク北部  玉本英子



季論21バックナンバーに戻る